会社概要

株式会社
プルポ

昭和47年に設立した株式会社プルポは、今年で30年間南方凍魚を扱い特に“タコ・紋甲いか”を主力商材として取り組んでまいりました。この間平成元年にはタコの加工部門として株式会社カナリーを設立し加工業務を専門に行なっています。又平成5年には株式会社セピアシーフーズを設立し中近東、ニュージーランド等における加工商材の直輸入業務を確立し流通の簡素化に務めてまいりました。平成7年にはこの業界の先輩諸氏の御助言のお陰で中国山東省威海市に加工部門を設立し、タコの2次加工、3次加工を手掛け、平成8年には紋甲いか加工「寿司職人」を世に送り出しました。今後当グループは、株式会社プルポを中心に世界の情報をいち早く入手し、選りすぐった水産物を世界各地より輸入し「新鮮」「安全」「安心」を基本に豊かな食生活への提案や開発を続ける事が社会への貢献であり企業の理念だと考え社業に邁進して行く所存でございます。

当社は設立以来、30年間一貫して西アフリカ産のタコ・紋甲いか・ヤリイカ等を主力商材として取り組んできました。仕入れ先は主に大手商社及び大手水産会社で、国内の動向や海外の動向等、常に情報をキャッチし、現地で買付けを行い、各地で荷受、場外問屋や加工屋等へ販売を行っています。また、関連会社のセピアシ-フーズが買付けた中近東・ニュージーランド等の凍魚も扱い、幅広いアイテムを基に全国で営業活動を行い、ここでも海外からの情報をより早くキャッチするため、海外主要産地に赴き、技術指導を行い、価格・品質両面から日本のニーズに合いよう、買付け販売の努力を重ねています。

株式会社
カナリー

当社はプルポグループの加工部門として、株式会社プルポより30年間の実績を活かしたタコ・紋甲いか等の原料調達を受け、国内3工場にて製造販売を行っています。当工場では、特に「衛生管理」「安全管理」をモットーに、お取引先様のご要望を認識・理解して、積極的な製品作りを心がけています。品質管理に於いては、生食を前提に徹底した管理体制を整え、全国のお取引先の皆様方に安心して取り組んでいただける企業を目指しております。

http:www.e-canary.com 

株式会社
セピアシーフーズ

当社は世界各国の信頼ある供給先から、原料の直接輸入買付けを行っています。取扱い商品では、カナリーが販売している「寿司職人」の原料となる紋甲いか、切り身商材等が大半を占めており、紋甲いかの輸入については各拠点に現地スタッフが常駐し、迅速な情報収集と安定的な供給が出来るよう日夜活動しております。

威海世比亜
食品有限公司

威海世比亜食品有限公司は中国・威海経済技術開発区(輸出加工区)にあり、水産物加工を中心とする冷凍食品業務の日本独資企業です。 1996年より威海で水産物加工事業を行なっており、1999年7月に法人化しました。会社は設立して以来、国内外先進な設備を備え、HACCPの品質衛生基準に 基づいた、厳密な管理を行っています。2001年3月に第一工場が完成してからは、タコを主とした、ボイルタコ、タコ串、タコスライス、タコ唐揚、タコ焼 用のカットタコ等20超えの種類に取り組んでおり、年間生産能力は 2500トンとなっています。2004年3月には年内生産能力5000トンの第二工場も完成し、紋甲イカを主として、イカフィーレ、イカ下足等30種類を 超えるアイテムを製造しています。現在工場ではフリーザ、製氷機、浄化水設備、金属検知器、真空包装機、汚水処理など国内外の先端設備をそなえています。これからは海鮮市場の拡大とともに工場の生産量も増大させていく必要があります。我々社員一同は今後も一層力をあわせて、お客様に満足していただけるよう、そして冷凍食品界に貢献できるよう努力してまいります。

http:www.sepiafoods.com